合革(フェイクレザー)の手入れ方法

こんにちは。管理人の孝太郎です。

 

合皮は合成皮革の略で、フェイクレザーというように動物の革ではありません。ポリウレタンなどの合成樹脂を塗り重ねてつくられた人工皮革です。

 

本革のように長くは使えませんし、経年変化も楽しめません。しかし耐水性があり、傷や汚れを気にせず使えるため、重宝している方も少なくありません。

 

>>合皮(フェイクレザー)のメリット・デメリット

 

なによりも基本、メンテナンスフリーなのが大きな魅力ですよ。

 

厳密にいえば

 

・皮革専用クリーム

・防水スプレー

 

を使った手入れが不要です。不要なのですが、最低限の手入れ方法をできれば覚えておかれるといいです。

 

孝太郎、教えてくれる?

 

では次章で見ていきましょう!

 

合皮の手入れ方法

 

合皮お手入れ、用意するもの

 

合皮の手入れをする際、

 

  • 乾いた布
  • 濡れた布
  • ブラシ

 

があるといいです。濡れた布ですがしっかりと絞ります。

 

合皮お手入れ、手順3ステップ

 

あいにくですが合皮製品をここ数年、購入しておらず持ち合わせていませんので今回、オリジナル画像なしで説明させてください。

 

  1. 合皮表面をブラッシング、ホコリやチリを落します
  2. かたく絞った濡れた布で合皮表面を拭き、汚れを落します
  3. 乾いた布で合皮表面を乾拭きして仕上げます

 

以上が合皮のお手入れです。

 

合皮(フェイクレザー)の手入れ方法3ステップを革財布愛用者が解説のまとめ

 

3ステップですし、本革と比べたらとてもカンタンですよね。

 

財布だけではなく小銭入れ、カバン、ブーツ、ジャケット、車座席シートなど合皮製品ならすべて、このやり方で大丈夫です。合皮製品をご愛用ならぜひ、お手入れを!

 

>>本革メンズ革財布のおすすめランキング