合皮(フェイクレザー)のメリット・デメリット(本革と比較した場合)

合皮(フェイクレザー)のメリット・デメリット

何かと比較されることが多い合皮(フェイクレザー)と本革。 こちらのページでは、合皮と本革を比較した場合のメリット・デメリットを解説していきます。

ちなみにわたしがオススメしているのは本革です。当サイトで扱っている財布もすべて本革となります。なぜ本革なのか?

一方的に本革のメリットだけを語るのではなく、本革のデメリットもきちんとお伝えし、合皮(フェイクレザー)との違いを交えて解説していきます。

合皮と本革のそれぞれのメリット・デメリットがわかると、財布や靴、バッグなどの素材選びにも困ることがありません。是非、参考にしてみてください。

 

合皮のメリット・デメリット

メリットデメリット
手入れの必要がない長持ちしない
耐水性があり汚れに強い(表面のみ)使い込んでも経年変化しない
軽い熱に弱く高温になる場所に置くと劣化が進む

 

本革のメリット・デメリット

メリットデメリット
長年く使うことができる定期的な手入れが必要
使い込むほどに味わいを増す手入れをしないと水染みができやすい
使っている間に形が馴染んでくる合皮に比べて本革の財布は価格が高い
小さな傷なら自然に回復する

 

合皮と本革のメリット・デメリットのまとめ

合皮と本革には、それぞれメリット・デメリットがあります。結論として、

・汚れや傷を気にすることなくガシガシ使いたい場合は「合皮」

・長く使いたい・一生モノを選ぶなら「本革」

などと、それぞれの特徴に合わせて選び方を変えるのが良いと思います。

さらにまとめると、

・傷や汚れを気にすることなくガシガシ使いたい

・アウトドアシーン専用で使う小物

・手入れの必要がない小物

・短いスパンで買い換える小物

・経年劣化しない小物

こういった場合は、合皮を使った財布や小銭入れなどを選ぶと良いと思います。汚れに強く、耐久性もあるため、アウトドアやスポーツシーンでも活用できます。

反対に、

・長く使いたい

・一生モノを選びたい

・革に味わいを増していくレザーアイテム

・自分だけのオリジナルに育てたい

・本物感を大事にしている

・プレゼントを贈りたい

・とにかくレザーアイテムが良い

といった方には、本革を使った財布や小銭入れ・名刺入れ・鞄・ブーツ・レザージャケットを選ぶと良いと思います。

あくまでも一つの目安として、合皮と本革のメリット・デメリットについて語りました。本革は味があり、大人の男性にはオススメですが、ご自身のニーズや用途に合わせて柔軟に使いわけるのが良いと思います。

 

革って奥が深いんです!奥が深い分、味わいもあって楽しいのですが、その良さに気づいたのは僕の場合、30過ぎてからでした。

当時の彼女(今嫁)に本革のブックカバーをもらったのですが(財布じゃないんかいっ! という声が聞こえてきそうです、、)それ以来、革というものが好きになりました。

大好きな東野圭吾の小説をブックカバーにはさんで持ち歩き、電車の中で「その活かしたブックカバーを開く僕」みたいな、恍惚感!?みたいなモノを当時の僕(よわい30過ぎのおっさん)は感じていました。

本物にはそんな力があるんですね!
是非、みなさんも革に触れてみて欲しいと思います。

 

追記:
「合皮と本革の見分け方を教えてほしい」という声がありましたので、簡単にできる見分け方についての記事を書きました。みなさん騙されないように気を付けてください!

>>簡単にできるポイント5つ・合皮と本革の見分け方

本革二つ折り財布のおすすめ人気ランキング

本革メンズ長財布のおすすめ人気ランキング

本革ラウンドファスナー長財布のおすすめ人気ランキング

おすすめメンズ革財布の詳細レビュー

3万円以内で人気のメンズ財布ランキング

4万円以内で人気のメンズ財布ランキング

彼氏や旦那さんの誕生日プレゼントに財布の選び方・外さない3つのポイント

コメントを残す

*

サブコンテンツ

ページの先頭へ