合皮(フェイクレザー)のメリット・デメリット(本革と比較した場合)

合皮(フェイクレザー)のメリット・デメリット

何かと比較されることが多い合皮(フェイクレザー)と本革。 こちらのページでは、合皮と本革を比較した場合のメリット・デメリットを解説していきます。

 

合皮のメリット・デメリット

メリットデメリット
手入れの必要がない長持ちしない
耐水性があり汚れに強い(表面のみ)使い込んでも経年変化しない
軽い熱に弱く高温になる場所に置くと劣化が進む

 

本革のメリット・デメリット

メリットデメリット
長年く使うことができる定期的な手入れが必要
使い込むほどに味わいを増す手入れをしないと水染みができやすい
使っている間に形が馴染んでくる合皮に比べて本革の財布は価格が高い
小さな傷なら自然に回復する

 

合皮と本革のメリット・デメリット

合皮と本革には、それぞれメリット・デメリットがあります。

長く使いたい・一生モノを選ぶなら本革 ・汚れや傷を気にすることなくガシガシ使いたい場合は合皮 などと、それぞれの特徴に合わせて選び方を変えると良いかもしれませんね。

 

・長く使いたい ・一生モノを選びたい ・革に味わいを増していくレザーアイテム ・自分だけのオリジナルに育てることができるレザーアイテム

こういった場合は、本革を使った財布や小銭入れ・名刺入れ・鞄・ブーツ・レザージャケットを選ぶと良いと思います。

>>管理人愛用のおすすめメンズ革財布

 

・傷や汚れを気にすることなくガシガシ使いたい ・アウトドアシーン専用で使う小物 ・手入れの必要がない小物  ・短いスパンで買い換える小物

こういった場合は、合皮を使った財布や小銭入れなどを選ぶと良いかなと思います。

あくまでも一つの目安ですが、合皮と本革の財布や小銭入れで迷っている方は参考にしてみて下さい。

 

 

 

本革二つ折り財布のおすすめ人気ランキング

本革メンズ長財布のおすすめ人気ランキング

本革ラウンドファスナー長財布のおすすめ人気ランキング

おすすめメンズ革財布の詳細レビュー

3万円以内で人気のメンズ財布ランキング

4万円以内で人気のメンズ財布ランキング

彼氏や旦那さんの誕生日プレゼントに財布の選び方・外さない3つのポイント

コメントを残す

*

サブコンテンツ

ページの先頭へ