合革のメリット・デメリット

なにかと比較されることが多い合皮(フェイクレザー)と本革

この記事では合皮と本革を比較したうえでのメリットやデメリットを解説していきます。

こんにちは。管理人の孝太郎です。

 

今回のテーマは合皮(フェイクレザー)です。もちろん私は本革製品派で、ここでオススメしている財布などはすべて本革アイテムなのですが…。

「なぜ本革?」「合皮はダメ?」と疑問に思っている方も多いはず。

 

たしかに「なぜ本革か」はよく聞かれます。

 

『革財布メンズクリップ』でご紹介している財布はすべて本革ですが合皮、本革どちらにも魅力があり、弱点もあります。

 

今回はまず合皮そして本革のメリット、デメリットを説明し、表に記したうえで両者の違いを明確にしていきます。

 

合皮と本革、それぞれのメリット・デメリットがわかると財布や靴、バッグ選びにも困ることがなくなるはずです。

 

ぜひ素材選びの参考にしていただけますと幸いです!

 

徹底比較、合皮のメリット・デメリット

 

合皮のメリット6つ

 

合皮は、合成皮革の略でフェイクレザー、いわゆる本革代替品といえます。

 

コトバンク(大辞林 第三版)には

 

基布上にポリアミド・ポリウレタンなどの合成樹脂を塗り重ねて、天然皮革に似せたもの。擬革。人造皮革。人工皮革

 

とあります。経験上、

 

  • 手入れを要しない
  • 耐水性に優れている
  • 汚れに強い(表面のみ)
  • 本革と比べかなり軽い

 

のが魅力と感じています。そしてなによりも

 

  • 色味
  • 安さ

 

も合皮のメリットです。そのため古くなったら都度買い替える、雨に濡れることが多い、意図せず汚すことが多い、軽量を好む、ファッションアイテムとしてカラーバリエーションを楽しみたい、リーズナブルな製品がいい、そんな方に合皮はオススメです。

 

合皮のデメリット6つ

 

私が感じている合皮(フェイクレザー)のデメリットは、

 

  • 長持ちしない
  • すこぶる熱に弱い
  • 経年変化せず消耗する
  • 柔軟性が失われていく
  • 手ざわりは悪くなる
  • 頻繁な買い替えが発生

 

の6つです。

 

耐久性に優れず、炎天下、高温となる場所には置けません。また本革の良さである経年変化によるいわゆる「味」が出るどころかどんどん劣化が進み、ボロボロになっていくのです。

 

合皮は極論、消耗品ですから。使い込めば使い込むほど柔軟性がなくなり、手ざわりは悪くなるわ。いかにも安物って感じになっていきます。

 

見た目カピカピ、ボロボロになりますからやはり、適度に買い替えなくてはならなくなります。

 

合皮のメリット・デメリットまとめ

 

合皮のメリット・デメリットを表にしてまとめておきます。

 

メリットデメリット
手入れを要しない長持ちしない
耐水性に優れているすこぶる熱に弱い
汚れに強い(表面のみ)経年変化せず消耗する
本革と比べかなり軽い柔軟性が失われていく
色味手ざわりは悪くなる
安さ頻繁な買い替えが発生

ここからいよいよ本革編となります。

 

徹底比較、本革のメリット・デメリット

 

本革のメリット7つ

 

本革は英語でレザー、動物の皮を剥いだもので、本物の革といえます。

 

繊細で薄いヒトの皮膚とはちがい野生動物の皮は厚くて丈夫なのです。特に私たちが使っているのは

 

  • 牛革(カウレザー)
  • 馬革(ホースレザー)

 

などを型紙に合わせ裁断し縫製、財布・名刺入れ・靴などに製品化させたものです。そんな本革のメリットは、私の経験上

 

  • 丈夫で長持ち
  • 使えば使うほどいい味が出る
  • 使ううちに手になじんでくる
  • 自然治癒力がある
  • 高級感
  • ツヤが出る
  • いいにおい

 

です。耐久性に優れていて丈夫なアイテムがいい、末永く使いたい、高級感あふれるモノがいい方は多少、値が張りますが本革がやはりオススメです。

 

小さな傷ならオイルを塗るなど補修、手入れをしていくうちに目立たなくなりますし、じきそれがいい味となり、傷があったことなどわからなく、どうでもよくなります。

 

私は高級感あふれるツヤだけではなくその手ざわり、においが好きかな^^

 

何気なくテーブルに置いたとき「ツヤがスゴイ!」「いい財布ですね」とその場にいる人たちから話題にされることもあり、照れ臭いのですがやはりうれしいですね^^

 

それって孝太郎が褒められたのかな? 評価されたのは財布だと思うけど^^

 

美桜は相変わらずきびしいなぁ^^

 

本革のデメリット3つ

 

もちろん本革にもデメリットがあり、

 

  • 定期的な手入れが必要
  • 水シミができやすい
  • 高価

 

の3つが挙げられます。いちばんの弱点は耐水性で、特にコーティングされていないヌメ革製品や新品状態のものを、うっかり濡らし水を吸わせ、そのまま放置してしまうと

 

  • 硬くなる
  • 型が崩れる
  • 水シミができる

 

などし、非常に残念な結果となります。

 

真夏、身に着けたまま汗をかいて濡らして、シミになることもありますので要注意です!

 

本革のメリット・デメリットまとめ

 

ここで本革のメリット・デメリットを表にしてまとめておきます。

 

メリットデメリット
丈夫で長持ち
定期的な手入れが必要
使えば使うほどいい味が出る
水シミができやすい
使ううちに手になじんでくる
高価
自然治癒力がある
高級感
ツヤが出る
いいにおい

 

こうしてみるとメリットのほうが圧倒的に多いのです(私的にはこれ以上のデメリットが思いつきませんでした)。

 

本当にくどいようですが、やはり私も本革がオススメです!

 

上質本革のメンズ長財布のおすすめランキング!

合皮と本革のメリット・デメリットを徹底比較!

 

最後に合皮と本革のメリット・デメリットをわかりやすく表に反映させ、比較してみます。

 

 合皮 本革
メリット・手入れを要しない
・耐水性に優れている
・汚れに強い(表面のみ)
・本革と比べかなり軽い
・色味
・安さ

・丈夫で長持ち
・使えば使うほどいい味が出る
・使ううちに手になじんでくる
・自然治癒力がある
・高級感
・ツヤが出る
・いいにおい
デメリット・長持ちしない
・すこぶる熱に弱い
・経年変化せず消耗する
・柔軟性が失われていく
・手ざわりは悪くなる
・頻繁な買い替えが発生
・定期的な手入れが必要
・水シミができやすい
・高価

 

どちらが自分に合うか上記表を踏まえぜひ、ご一考いただけますと幸いです。

 

まとめ

 

ここまで見てきて合皮と本革には、それぞれメリット・デメリットがあることがおわかりいただけたと思います。そして

 

汚れや傷を気にせずガシガシ使いたい方→合皮

丈夫で長く使える一生モノを選びたい方→本革

 

がいいです。もう少し深堀りしてシーン別に振り分けると

 

合皮本革
・アウトドアシーン
・スポーツシーン
・雨天時
・消耗品として
・手入れを省きたい
・期間限定で使う
・自分用
・ビジネスシーン
・フォーマルシーン
・晴天時
・一生モノとして
・手間暇かけて育てたい
・末永く使う
・自分へのご褒美
・贈り物用

 

以上あくまでも私の経験から得た合皮と本革のメリット・デメリットについて語らせていただきましたが、いかがだったでしょうか?

 

本革は高級でラグジュアリー。大人の男が持たなくて誰が持つの!

 

特に常時スーツ着用でビジネスシーンやフォーマルシーンが多い男性、女性との食事やデートで高級感を演出したい男性にオススメしたいのです。

 

理想は本革をメインとしつつ、アウトドアやスポーツなどでせっかくの革製品を台無しにしないよう用途・シーンに合わせ合皮製品も柔軟に使うのがカッコよく、それがかしこい使い方でしょう!

 

追記

 

「合皮と本革の見分け方を教えてほしい」

 

という声をいただきましたので、ダマされないで済むカンタンな見分け方を解説した記事をご用意、公開いたしましたのでぜひご参考いただけますと幸いです。

 

>>簡単にできるポイント5つ・合皮と本革の見分け方