”良いモノを長く使う”観点と”所有する喜びを感じる”

”良いモノを長く使う”観点と”所有する喜びを感じる”

当サイトは、本革製品が好きな管理人が運営しているとっても小さなブログ形式のサイトです。

実際に商品を売っているような通販サイトとは異なり、上質な本革を使ったレザーアイテムが好きで長年拘りを持って使い続けている一個人のサイト。

財布・小銭入れメンズ・キーケース・鞄・ブーツ・レザージャケットなど、本革を使ったアイテムが沢山ありますが、その中でも「男性用の財布」をメインに紹介しているサイトです。

そして表題の”良いモノを長く使う”観点と”所有する喜びを感じる” 今回は、私個人が思うことについてお話ししていきたいと思います。

 

”良いモノを長く使う”観点と”所有する喜びを感じる”

一個人が運営しているサイトですが、毎日500人以上の方がご覧になっている当サイト。  初めてご覧になった方の中には「有名ブランド品じゃないのに、財布ってこんなに高いの?」と思われる方も少なくないかもしれません。

実際、楽天やアマゾンなど大手通販サイトで見かけるような革財布と比較すると、当サイトで紹介している革財布は決してリーズナブルなお財布ではありません。

例えば、こちらは私が今最も気に入って使っているラウンドファスナー長財布タイプのブライドル・グランドウォレット

ブライドル・グランドウォレット

このブライドル・グランドウォレットの値段は3万円です。

革の中でも最高峰の強度と耐久性を誇り、使い込むほどに艶やかさを増すブライドルレザーを使い、熟練した日本職人のハンドメイドによって生み出されたラウンドファスナー長財布。

使っているブライドルレザーは、英国で100年以上の歴史を誇る老舗名門タンナー・セジュウィック社の最高級ブライドルレザーを贅沢に使ったお財布。

ブライドル グランドウォレットの画像

ちょっと小難しいことを書きましたが、単純にこのメンズ革財布を見て「この財布は3万円もするの?!」と思う方もいれば、「これはお得な革財布かもな」と思う方に分かれると思います。

「ブライドルレザー ・タンナー ・鞣し」こういった専門的な用語を知っているような本革製品が好きな方なら、この財布が3万円でもお得と感じると思いますし

財布は使えればそれで良い・とりあえず誰もが知っている有名ブランド品で・・・ と決めてきた方にとっては、3万円でも高価なモノに感じると思います。

どちらが良くて悪いではなく、これからどういった基準で物事を決めていくのか?だと思うのです。

  • 安価なモノを頻繁に買い替えながら使っていく
  • 良いモノを長く大切に使っていく

多少極端な言い方かもしれませんが、究極的にはこの2つのどちらかの選択肢が残ります。

ユニクロなどに代表されるファストファッションは、確かに安くてそれなりにデザイン性も優れていますが、数回洗濯したらヨレテもう着れない。

メゾン・ファクトリーブランドの洋服は、簡単には買えない価格ですが、数回の洗濯ではヨレルことがなく来年も再来年も着ることができる。

ファッション業界は頻繁に流行が入れ替わるので、洋服に拘りがない限りはファストファッションで充分と思う方も多いと思いますが、革製品に流行はありません。

 

上質な本革を使い、作りのシッカリしたお財布は長く使い続けることができます。 さらに、シンプルなデザインであれば永年の使用によって色合い・風合いに深みを増していく、本革本来の経年変化を楽しむことができます。

確かなレザーに確かな作り。そしてシンプルな革財布

長く使い込みながら”世界に一つ自分だけの逸品”に育てることができる。

ホンモノ志向と言った表現がありますが、私個人の感覚として、ホンモノ志向とは”良いものを長く使う”と言う観点と”所有する喜びを感じる”この言葉に集約されるような気がします。

当サイトで紹介しているメンズ用の革財布は決してリーズナブルなお財布ではありませんが、”良いモノを長く使う”と言う観点と”所有する喜びを感じる”この2つを両立したお財布です。

ホンモノを求める感覚・感性・価値観を満たす、中身に拘ったメンズ革財布を探している大人の男性のみなさま、当サイトをぐるぐると巡ってみて下さい。きっと予期せぬ素敵な財布との出会いがあるかと思います。

 

人気の上質革財布の詳細レビューと口コミまとめ

 

 

本革二つ折り財布のおすすめ人気ランキング

本革メンズ長財布のおすすめ人気ランキング

本革ラウンドファスナー長財布のおすすめ人気ランキング

おすすめメンズ革財布の詳細レビュー

3万円以内で人気のメンズ財布ランキング

4万円以内で人気のメンズ財布ランキング

彼氏や旦那さんの誕生日プレゼントに財布の選び方・外さない3つのポイント

コメントを残す

*

サブコンテンツ

ページの先頭へ