皮と革の違いとは?

皮と革の違いについて詳しく解説します

突然ですが「皮財布」と「革財布」あなたはこの二つを何と読みますか?

おそらく二つとも「カワサイフ」と読んだと思います。 もちろん「カワサイフ」が正解ですが、財布や小銭入れ・鞄・ブーツなどになると、同じ読み方をする「皮」と「革」であっても意味が違ってきます。

こちらのページでは、皮と革の違いについて解説していきます。

 

皮と革の違いとは?

・皮

皮は、動物の皮膚を剥いだ状態のまま加工を何も施していないモノが「皮」です。 鶏皮をイメージしてみて下さい。あれが「皮」です。

仮に、皮のまま財布や小銭入れに使っていたら、相当気持ち悪いです。 人から好奇の眼差しを受けること間違いなしですね。

 

・革

皮の状態から皮膚の毛を除去し、皮が固くなったり腐敗するのを防ぎ、柔らかくしたり美しい表情を加える加工を施したモノが革になります。

私たちが普段目にしている財布や小銭入れに使われているのは、すべて「革」です。

 

皮とは「動物の皮膚を剥いだ生の状態」 革とは「皮に加工を施したモノ」 ちなみに、皮に加工を施し革に生まれ変わらせる集団をタンナー(Tanner)と呼びます。

タンナー(Tanner)が行っている加工方法を「鞣し(なめし)」と言います。

メンズ革財布のおすすめ・人気ランキング

 

本革二つ折り財布のおすすめ人気ランキング

本革メンズ長財布のおすすめ人気ランキング

本革ラウンドファスナー長財布のおすすめ人気ランキング

おすすめメンズ革財布の詳細レビュー

3万円以内で人気のメンズ財布ランキング

4万円以内で人気のメンズ財布ランキング

彼氏や旦那さんの誕生日プレゼントに財布の選び方・外さない3つのポイント

コメントを残す

*

サブコンテンツ

ページの先頭へ