グランドウォレットとラージウォレットの詳細比較。どちらにしようか迷っている方は要チェックです

ブライドル グランドウォレットとマットーネ ラージウォレットを徹底比較して紹介します

ブライドル・グランドウォレットとマットーネ・ラージウォレット。共に人気の高い革財布なので、どっちを選んだら良いのか迷っている方も多いと思います。

そこでこのページでは、ブライドル・グランドウォレットとマットーネ・ラージウォレットを細部まで比較して、どちらの財布を選んだら後悔しないのか?解説していきます。

 

グランドウォレットとラージウォレットの比較

ブライドルグランドウォレットとマットーネラージウォレット

 

グランドウォレットとラージウォレットの1番の違いは、表革に使われている素材と価格です。 下の表を見て貰うと分かりますが、表革と価格以外の基本スペック(財布の大きさや内装の構造など)は殆んど変わりません。

グランドウォレット ラージウォレット
外寸 縦19.5×横10×厚さ2.5cm
機能 カードポケット×8
フリーポケット×2
ファスナー付き小銭入れ×1
札入れ×2
重さ 190g 170g
表革 ブライドルレザー マットーネレザー
内装 ヌメ革
価格 30.000円(税込+送料込み) 26.000円(税込+送料630円)

グランドウォレットとラージウォレットの価格差は4.000円ですが、送料込みの値段で比較すると3.370円。 この価格差を大きいと感じるか、小さいと感じるかは人それぞれだと思います。

どちらの財布を選んだら後悔しないのか?を考えた時に、決め手になるのは、それぞれの財布に使われている革(ブライドルレザー・マットーネレザー)の違いだと思います。

グランドウォレットに使われている革はブライドルレザー。 ラージウォレットに使われている革はマットーネレザー。2つの革の違いと特徴を知っておくと、どちらにしようか?と迷うことなく決める事が出来ると思います。

 

グランドウォレットに使われているブライドルレザーの特徴

革の中でも最高峰の強度を誇る丈夫さと、美しい光沢を放つブライドルレザー。中でもグランドウォレットに使われているブライドルレザーは、英国で1000年以上も前から続いている伝統的な製法で革をロウ漬けして作られている、世界的に評価の高いブライドルレザーが使われています。

新品時に革表面に現れている白い粉は、染みこませたロウが革の表面に浮き出てきたモノで、この白い粉をブルームと言います。

新品時にブルーム(白い粉)が表れているブライドルレザー

 

このブルーム(白い粉)も使っている間にとれて、それと共に艶やかで上品な光沢を放つ革財布に変化していきます。

ブルーム(白い粉)が取れたブライドルレザー

最高峰の強度を誇るとても丈夫なブライドルレザーを使ったブライドル・グランドウォレットは、日本職人のハンドメイドをもってしても財布の完成までに5カ月もの期間を必要とするそうです。時間と手間がかかっていますよね。

  • 購入直後はブルーム(白い粉)が浮き出ている
  • ブルームが取れると艶やかな光沢を放つ
  • 革の中でも最高峰の強度を誇るとても丈夫な革

この3つがブライドルレザーの特徴です。

長く使える財布や上品さと高級感のある財布を求めている方は、ブライドルレザーを使ったブライドル・グランドウォレット を選ぶと後悔や失敗がないと思います。

 

ラージウォレットに使われているマットーネレザーの特徴

マットーネレザーは、イタリアで1000年もの歴史を誇る”バケッタ製法”という伝統製法によって生み出された革に、ガゼイン加工という卵白を手作業で塗り込む加工がされていて、初めから革の表面に程よい艶感のある美しい表情になっています。

革の特徴は、柔らかく滑らかな手触りがあって、仔牛が生きていた頃についたバラ傷・トラ(小さなシワ)などが、あえてそのまま残されていているのが特徴です。

マットーネレザーの表面

 

そんなマットーネレザー最大の魅力は、使っている間に革に味わいを増していくこと。

使い込むほどに革に味わいを増すマットーネレザー

使っている間に革に味わいを増していくことを経年変化と言いますが、この経年変化を存分に味わい・楽しめるのがマットーネレザーの魅力です。

そんなマットーネレザーを使った、マットーネラージウォレットは、長く使い込むことで「世界に一つ。自分だけのオリジナルに育てることができる」革財布になっています。

  • 柔らかく滑らかな手触り
  • 仔牛が活きていた頃の証がそのまま活かされている
  • 革の経年変化を存分に味わい・楽しめる

この3つがマットーネレザーの特徴です。

長く使い込むほどに革に味わいを増していく財布 ・初めから柔らかい手触りの財布を求めている方は、マットーネレザーを使ったマットーネ・ラージウォレットを選ぶと後悔や失敗がないと思います。

 

ブライドルレザーとマットーネレザー

ブライドルレザーとマットーネレザーの比較

ブライドル・グランドウォレットとマットーネ・ラージウォレットを比較した時に、どちらが優れていて・どちらが劣っているといったことではありませんが、2つの財布を使っている私個人としては、ブライドル・グランドウォレットの方が好みです。

ラージウォレットも良い財布ですが、グランドウォレットの上品さと高級感・加えてスーツから普段着まで、どんなスタイルにも合う幅広さ。「見せつけたくなる財布・魅せたくなる財布」 、私にとって自然と心弾む自慢の逸品がブライドル・グランドウォレットです。

これは好みの問題だと思うので、人それぞれ分かれると思います。 ブライドルレザーとマットーネレザーの特徴を比較してみた表を用意したので、参考にしてみて下さい。

 ブライドルレザーマットーネレザー
革質硬い柔らかい
光沢
経年変化
長く使える
傷が付きにくい

長く使える財布 ・上品さや高級感のある財布を求めている方は、ブライドルレザーを使ったブライドル・グランドウォレット。

長く使い込むほどに革に味わいを増していく財布 ・初めから柔らかい手触りの財布を求めている方は、マットーネレザーを使ったマットーネ・ラージウォレットを選ぶと失敗がないと思います。

 

グランドウォレットとラージウォレット・外装の小さな違い

ブライドル・グランドウォレットとマットーネ・ラージウォレットの財布の厚みは同じですが、ファスナーのエレメントの大きさが違います。グランドウォレットの方が若干大きくなっています。

ブライドルグランドウォレットとマットーネラージウォレット財布の厚みは同じです

 

ファスナーのエレメントの大きさが違うので、スライダーの大きさも違います。

ブライドルグランドウォレットとマットーネラージウォレットはファスナーが若干異なります

重厚なブライドルレザーには大き目のファスナー、ソフトなマットーネレザーには小さめのファスナーなど、おそらく財布に使っている革によってファスナーの大きさを変えているのだと思います。

 

ブライドルとマットーネ内装の違い

ブライドル・グランドウォレットとマットーネ・ラージウォレットの内装にも若干違いがあったので解説していきます。

小銭入れのファスナーの色と、丸で囲った部分の縫製が違います。

ブライドルグランドウォレットとマットーネラージウォレット内装の違い

ココマイスター公式サイトで調べてみましたが、グランドウォレットはファスナーの色は全て同じで、マットーネは表革の色によってファスナーの色も変えているようですね。

 

内装に刻印されているココマイスターのブランドロゴも、グランドウォレットとラージウォレットで違います。 グランドウォレットの方が豪華になっている印象です。

ブライドルグランドウォレットとマットーネラージウォレットは内装のブランド刻印が違います

 

財布とは直接関係ありませんが、ブライドルとマットーネの入っているソフトケースが違ったので載せておきます。 どちらもベロアのような手触りのソフトケースですが、ブライドル・グランドウォレットのソフトケースの方が滑らかで上質な手触りです。

ブライドルとマット―ネのソフトケース

グランドウォレットの方が若干高価なので、こういった細かい部分から差別化をしているのだと思います。

 

グランドウォレットとラージウォレットの比較まとめ

ブライドルグランドウォレット

長く使える財布 ・上品さや高級感のある財布ならブライドル・グランドウォレット。

長く使い込むほどに革に味わいを増していく財布 ・初めから柔らかい手触りの財布ならマットーネ・ラージウォレット。

これはあくまでも一つの目安なので、「こっちの財布だな」と、ピピンと来た方を選ぶのが一番だと思います。 私個人の意見としては、ブライドル グランドウォレットに一票!

 

>>ブライドル・グランドウォレットの詳細はこちら

>>マットーネ・ラージウォレットの詳細はこちら

 

 

本革二つ折り財布のおすすめ人気ランキング

本革メンズ長財布のおすすめ人気ランキング

本革ラウンドファスナー長財布のおすすめ人気ランキング

おすすめメンズ革財布の詳細レビュー

3万円以内で人気のメンズ財布ランキング

4万円以内で人気のメンズ財布ランキング

彼氏や旦那さんの誕生日プレゼントに財布の選び方・外さない3つのポイント

コメントを残す

*

サブコンテンツ

ページの先頭へ